2019年の福岡ソフトバンクホークス新スローガン決定「奪Sh!(ダッシュ!)」

シェアする

スポンサーリンク

2019年度の福岡ソフトバンクホークスの新スローガンが決定しました。2018年は日本一にはなったものの、リーグ制覇を逃したホークスの決意が感じられるスローガンとなりました。

2019年ホークスのスローガン「奪Sh!(ダッシュ!)」

2019年のスローガンは「奪Sh!(ダッシュ!)」。昨年逃したリーグ制覇を奪い返すという思いの「奪」に、ソフトバンクホークスのイニシャルでもあり球団ロゴの「Sh」を組み合わせたスローガンです。

クライマックスシリーズで、何とか埼玉西部ライオンズを破り、パ・リーグ王者となったものの、故障者や西武の快進撃でリーグ制覇は逃しています。ダッシュ!というように、ペナントレースのスタートダッシュを決め、2019年は完全なる日本一を目指していってほしいですね。

スポンサーリンク

2019年はホークス福岡移転30周年

2019年は、1988年に福岡市の平和台球場に本拠地を移してから30周年となる記念の年です。ホークスを育てたファンへの感謝と、これからも九州と共に世界一を目指していく決意を表し、「福岡移転30周年記念事業」が実施されます。

まずは、本拠地である福岡ヤフオク!ドームの大規模改修が行われます。外野席後方のエリアが改修され、観客収容人員4万人超、ファンクラブ・タカポイント会員の専用ラウンジ、ショップ、バーなどの充実が図られます。

また、球場内回遊通路である3階コンコースは、黒と白を基調にしたデザインに全面刷新、球場内ホークスビジョンは世界最大の表示面積(3面合計:1535.5㎡)へと生まれ変わります。

ドーム外周では、庭園デザイナー「石原和幸氏」監修により大階段エスカレーター横のガーデン化が図られます。

その他にも、ホークスは九州と共にを合言葉に、「WE=KYUSHU ユニフォーム」を着用して試合に臨む「WE=KYUSHU デー」をヤフオクドーム開催を皮切りに九州各地で開催し、来場者全員に「WE=KYUSHU ユニフォーム(レプリカ)」をプレゼントします。

とにかく、2019年度はホークスファンにとってうれしいことが盛りだくさんな年になりそうです。

これまでのホークスのスローガン

秋山監督時代の2009年から歴代のスローガンを列挙します。

秋山監督

  • 2009年
    フリキレ!! 全員、全開、前進ホークス。
  • 2010年
    今年はやらんといかんばい!
  • 2011年
  • 2012年
    VV(ブイブイ)
  • 2013年
    超!ガツガツ行こう!
  • 2014年
    俺がやる。

工藤監督時代

  • 2015年
    熱男(アツオ)
  • 2016年
    熱男2016
  • 2017年
    1(ワン)ダホー!
  • 2018年
    もう1頂(いっちょ)!
  • 2019年
    奪Sh!(ダッシュ!)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
2019年の福岡ソフトバンクホークス新スローガン決定「奪Sh!(ダッシュ!)」
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする