【バスケ高校全国選手権ウインターカップ2018展望】福岡第一、精華女子が出場!

シェアする

スポンサーリンク

まもなく始まるSoftBankウインターカップ2018 平成30年度 第71回全国高等学校バスケットボール選手権大会には、福岡第一、精華女子が出場が出場します。大会の概要と展望を見ていきたいと思います。

平成30年度 第71回全国高等学校バスケットボール選手権大会

2018(H30)年12月23日(日・祝)~29日(土) の7日間で武蔵野の森総合スポーツプラザ で行われます。競技方法は、男女各50チーム参加によるトーナメント優勝戦で3位決定戦も行なわれます。

スポンサーリンク

出場校が50校のわけ

出場校が50校なのは、各都道府県は男女各1チームの代表チームに加え、実施委員会は当年度インターハイ優勝および準優勝校、そして、開催地枠があるからです。

2018大会展望

<男子>
実力が拮抗している中、頭一つリードしているのでが、インターハイ優勝校で第1シードを獲得した開志国際(新潟)と新チームの発足から九州大会まで半年間無敗を記録した福岡第一高等学校(福岡)です。
<女子>
優勝候補は、インターハイを制し、2年ぶりの優勝を目指す桜花学園(愛知)。対抗は、昨年覇者の大阪桐蔭高校を予選で破った大阪薫英女学院(大阪)。実力校として、八雲学園(東京)、前回大会準優勝の安城学園(愛知)も注目です。県予選準決勝で、実力校の中村学園女子を破って、福岡県代表として2年連続3回目となる精華女子高校の目標のベスト8への躍進も期待が高まります。

ウインターカップ2018 出場校

  • 北海道 ・男子 東海大学付属札幌 ・女子 道立札幌東商業
  • 青森県 ・男子 県立弘前実業 ・女子 柴田女子
  • 岩手県 ・男子 県立一関工業 ・女子 一関学院
  • 宮城県 ・男子 明成 ・女子 聖和学園
  • 秋田県 ・男子 県立能代工業 ・女子 県立湯沢翔北
  • 山形県 ・男子 羽黒 ・女子 山形市立商業
  • 福島県 ・男子 県立福島南 ・女子 県立郡山商業
  • 茨城県 ・男子 県立取手第二 ・女子 土浦日本大学
  • 栃木県 ・男子 文星芸術大学附属 ・女子 宇都宮文星女子
  • 群馬県 ・男子 前橋育英 ・女子 前橋市立前橋
  • 埼玉県 ・男子 正智深谷 ・女子 昌平
  • 千葉県 ・男子 日本体育大学柏 ・女子 昭和学院
  • 東京都 ・男子 実践学園 ・女子 八雲学園
  • 神奈川県 ・男子 桐光学園 ・女子 アレセイア湘南
  • 山梨県 ・男子 県立市川 ・女子 県立韮崎
  • 長野県 ・男子 東海大学付属諏訪 ・女子 東海大学付属諏訪
  • 新潟県 ・男子 帝京長岡 ・女子 開志国際
  • 富山県 ・男子 高岡第一 ・女子 高岡第一
  • 石川県 ・男子 金沢学院 ・女子 県立津幡
  • 福井県 ・男子 北陸 ・女子 県立足羽
  • 岐阜県 ・男子 美濃加茂 ・女子 県立岐阜商業
  • 静岡県 ・男子 飛龍 ・女子 浜松開誠館
  • 愛知県 ・男子 桜丘 ・女子 安城学園
  • 三重県 ・男子 県立四日市工業 ・女子 県立四日市商業
  • 滋賀県 ・男子 県立草津東 ・女子 近江兄弟社
  • 京都府 ・男子 東山 ・女子 京都精華学園
  • 大阪府 ・男子 近畿大学附属 ・女子 大阪薫英女学院
  • 兵庫県 ・男子 報徳学園 ・女子 尼崎市立尼崎
  • 奈良県 ・男子 天理 ・女子 奈良文化
  • 和歌山県 ・男子 県立和歌山工業 ・女子 和歌山信愛
  • 鳥取県 ・男子 倉吉北 ・女子 鳥取城北
  • 島根県 ・男子 出雲北陵 ・女子 県立松江商業
  • 岡山県 ・男子 岡山商科大学附属 ・女子 就実
  • 広島県 ・男子 県立広島皆実 ・女子 県立広島観音
  • 山口県 ・男子 県立豊浦 ・女子 県立徳山商工
  • 徳島県 ・男子 県立海部 ・女子 県立富岡東
  • 香川県 ・男子 尽誠学園 ・女子 英明
  • 愛媛県 ・男子 新田 ・女子 聖カタリナ学園
  • 高知県 ・男子 高知中央 ・女子 高知中央
  • 福岡県 ・男子 福岡第一 ・女子 精華女子
  • 佐賀県 ・男子 県立佐賀東 ・女子 県立佐賀北
  • 長崎県 ・男子 県立長崎西 ・女子 長崎女子
  • 熊本県 ・男子 九州学院 ・女子 熊本国府
  • 大分県 ・男子 別府溝部学院 ・女子 県立中津北
  • 宮崎県 ・男子 延岡学園 ・女子 県立小林
  • 鹿児島県 ・男子 県立川内 ・女子 鹿児島純心女子
  • 沖縄県 ・男子 県立豊見城 ・女子 県立西原
  • 開催地 ・男子 八王子学園八王子(東京) ・女子 明星学園(東京)
  • 総体優勝 ・男子 開志国際(新潟県) ・女子 桜花学園(愛知県)
  • 総体準優勝 ・男子 中部大学第一(愛知県) ・女子 岐阜女子(岐阜県)

2016の大会展望

男子の優勝候補筆頭は、東山高校を挙げているメディアも多いですが、高校総体優勝校の福岡第一も優勝候補となるでしょう。また注目は、
多くのアンダーカテゴリー日本代表メンバーを擁する福岡大濠もそれに割って入ってくる存在です。この3校を中心として、今大会は展開されるでしょう。実力が拮抗している言われること大会、そのほか、国民体育大会準優勝の北陸学院、前回大会準優勝校の茨城・土浦日本大学にも注目です。

女子は、高校総体・国体を制した桜花学園と、前回大会で悲願の初優勝を遂げた岐阜女子の2強だと言われています。そこに北海道・札幌山の手、大阪・大阪薫英女学院が絡む展開が予想されます。福岡代表の中村学園女子も、チーム力と経験の総合力で、十分優勝、上位に食い込む力はあるとみています。躍動に期待です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【バスケ高校全国選手権ウインターカップ2018展望】福岡第一、精華女子が出場!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする