新型コロナの影響で博多祇園山笠が来年に延期

博多の夏祭りといえば博多祇園山笠。毎年ふんどし男たちが盛り上がる伝統の行事が、新型コロナウイルスの感染拡大により来年に延期されることが決定しました。

スポンサーリンク

2020年の博多祇園山笠の延期が決定

博多祇園山笠

博多祇園山笠は、毎年7月1日から15日にかけて行われる博多の夏祭りで、期間中約300万人の人出でにぎわいます。しかし、2020年度は新型コロナウイルスの影響で来年に延期が決定しました。

主催者である博多祇園山笠振興会は、各流の代表者などが集まった総会で、多くの観光客が集まる祭りは新型コロナウイルスの感染のリスクがあるとして今年は中止し、来年に延期することを全会一致で決めました。年度ごとに一番山笠の順番が回り、今年は恵比須流の予定でしたが、舁き入れ順はそのまま来年に持ち越されるようです。

過去に博多祇園山笠が中止になったのは太平洋戦争時だけですが、今年はウイルスとの戦争により中止に追い込まれた形になります。新型コロナウイルスの影響がどこまで続くかわかりませんが、来年度は賑やかな博多の夏祭りを期待するばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました