2018年夏7月31日に火星が大接近!福岡のおすすめの観測スポットも紹介

シェアする

スポンサーリンク

2018年は様々な天体ショーを楽しめる年になります。1月には、皆既月食が日本全国で観測でき(天候が悪かったですが)、夏には火星が地球に大接近します。流星群も観測条件が良く、三大流星群のうち、8月に観測できるペルセウス座流星群と、12月に観測できるふたご座流星群では、多くの流星が出現しそうです。今日は、2018年夏に大接近する火星について紹介します。

2018年夏に火星が大接近

火星

地球は、太陽の周りを公転する惑星で、そのすぐ外側には火星が地球と同じように公転しています。中学学校の理科の授業でおなじみの、太陽系の惑星「火星」が、2018年7月31日に地球に大接近します。

前回、火星が地球に大接近したのは、2003年でした、地球と火星が5,576万kmまで接近し話題となりました。それから15年後、2018年夏に再び火星が大接近します。今回は火星と地球が5,759万kmまで接近します。通常、火星と地球が6,000万kmまで接近すると大接近と呼ばれるようです。

このときの火星の見かけの明るさは、マイナス2.8等級という明るさで、夜空に輝く1等星などよりもひときわ明るく輝いて見えることになります。0等級よりも明るい天体はマイナスで表現するようです。

  • 大接近:2018年7月31日(火)
  • 明るさ:マイナス2.8等級
  • 時間と方角:21:00頃に南東の空 0:00頃に南の空
スポンサーリンク

秋にかけても楽しめる

2018年7月31日(火)に、地球と火星が最も接近し、5,576万kmの距離に近づきますが、その前後も惑星間距離は近い状態です。火星の明るさは2018年6月下旬から9月上旬頃までマイナス2等を超え、観察しやすい時期が長く続きます。

これは、地球と火星の公転方向が同じで、同じ公転面上を公転しているから、地球の公転周期が365日、火星の公転周期が687日と比較的近い周期で公転していることが原因で、惑星間距離が近い状態が続くからです。

当日の天気が悪くても、しばらくの間は明るい火星を楽しめます。

2018年7月28日には皆既月食も

2018年7月31日に、地球と火星の大接近が観測できますが、その数日前の7月28日にも皆既月食が観測されます。深夜から明け方にかけて月食が起こり、月食中に月が沈む「月入帯食」という現象が観測できます。

福岡の天体観測スポット

福岡県内で、天体観測に適した場所を紹介しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
2018年夏7月31日に火星が大接近!福岡のおすすめの観測スポットも紹介
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする