夏はやっぱりスイカ!フルーツの里田原坂で植木スイカをゲット!

夏の暑さも最高潮に達しようとしています。こんな暑い日が続くと食べたくなるのがスイカです。実は九州はスイカの一大生産地で、中でも熊本県はスイカの生産量日本一となっています。今日は熊本の植木スイカについてご紹介します。

植木スイカとは?

スイカ

スイカの生産量日本一の熊本県の中でもスイカの一大生産地が熊本市植木町になります。盆地で昼と夜の寒暖差が大きいためスイカの栽培に適しているのと、阿蘇山からわき出る綺麗な地下水で育てることができるので、全国でも有数のスイカの生産地になっています。

この地でつくられている「植木スイカ」という品種は、高級スイカとして知られています。植木スイカの特徴はその甘さにあります。糖度が13度前後で、完熟したものになると14度を超えるスイカまであるようです。

普通のスイカはスイカの中心部が一番甘く、外側に向かうにつれて甘みがだんだん落ちていきますが、植木スイカは全体的に糖度が高く、皮のぎりぎりの部分まで甘いのが特徴です。また、歯触りもシャリシャリとしっかりした食感も人気の秘訣のようです。

スポンサーリンク

植木スイカの直売所「フルーツの里田原坂」

熊本県産の新鮮なフルーツや野菜を直売している店舗です。場所は熊本市内から30分程度の位置にあります。九州道からは植木ICで降りて20分ほどで到着します。通信販売も行っているので、気軽に購入することもできるのがうれしいですね。

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
夏はやっぱりスイカ!フルーツの里田原坂で植木スイカをゲット!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ